前職の上司への愚痴が止まらない、、、

未分類

現在私は、2歳の息子を持つシングルマザーだ。
前職ではとある整体院で働いていた。
安定した職に就きたいと、正社員で働き始めた整体院だったが、半年も経たずにメンタルがやられてしまい、体調を崩し、
退職せざるをえなくなった。

私がメンタルに負担を感じた原因は、全てその院の院長にある。

院長というものは、皆あんなにも捻くれている物なのだろうか。
まず、物の言い方。言い回し。
そして圧倒的な自信、自分の失敗を棚にあげ、相手を見下す態度。
モラハラの典型的な例に挙げられるような人であった。

私がシングルマザーで、仕事を辞め難いのをいいことに、
給料は細かく切り捨て、残業代は出ず、労働内容は精神的にキツいものだった。

整体初心者であった私は入社後、研修を受け、
必死に覚えた施術で1ヶ月半後には施術者デビュー。

初心者にしては、覚えも早く、売り上げも初月から悪くはなかった。
しかし、施術が終わる度に手招きされ店の外へ。
「さっきの施術の方法だと?」「あれは〇〇したほうが良かった」
止まらないお説教タイムが始まる。
初めは素直に受け入れていたものの、日が経つにつれて、
院長の売り上げを私が上回ることもしばしばあった。
しかも、説教をした本人が、私に言ったことができていないこともあった。

私は、院長という肩書きがあるだけて指名が取れたり、
偉そうな態度を取ることが当たり前になっている職場環境に怒りを覚えた。

それだけではない。
研修の際、普段の会話の際、例え話をするときに、
決まって出てくるのは下ネタ。
女性相手にこんなこと言う?と思わず耳を疑ってしまうようなものばかりだ。

あとは、常に監視されているような態度、目線。
院長が施術中であっても、その目はいつも私達に向けられていた。
少し手が開くと、「今何してます?」と一瞬たりとも暇な時間を与えない。
一呼吸おく間さえ惜しいようだった。

こういった経緯で、私は耐えきれず、無職のシングルマザーとなってしまった。

現在は求職中だが、前職のような人間関係に悩まされることなく、
働くことのできる環境が見つかることを心から願っている。